お知らせ・コラム


桂木紀子探偵事務所 トップ ≫ お知らせ・コラム ≫ コラム

文字サイズ変更 標準

結婚の「裏」の事情

2015年12月16日 (水)  

結婚の「裏」事情

これは最近、ある娘さんから依頼を受けたことなんですが。 結婚を前提に、2年も3年もある人と付き合ってきたけれども、相手の親が自分をもらいに来る、来ると言いながら、なかなか来てくれない。

一体、どういう親なのか、いっぺん調べてほしいと。 で調査してみると、相手の男の人にはもう奥さんも子供もいるんですよね。そう言ってだまして付き合っている。

やっぱりこれも調べてみなきゃ何年もだまされっぱなしでね。あとから泣くより、始めに知った方がよかったんじゃないかと思いますけどね。

まぁ主に、結婚調査とか浮気の素行調査がほどんどですが。そうですねぇ・・・・平均すると月に30件ぐらいの依頼でしょうか。 最近は結婚調査の場合、親御さんばかりじゃなく、本人が頼みにおいでる方も多いですよ。 自分自身が今、こういう娘さんと付き合っている。両親に紹介する前に、いい娘さんかどうか、親に紹介して恥ずかしくない人かどうか調べてほしい・・・・・みたいな。で、調査報告書を先に御両親に見てもらって、その後で相手の娘さんを紹介しよう、と。まぁしっかりしてると思うわねぇ、そういう人は(笑) 相手の女性が処女であるかどうか。そういうことは皆さん、あんまり気にしないみたいですね。でも、調査する相手が東京なんかで学生生活を送った場合など、実際に東京まで出かけて調べるんですけどね。 やっぱりいろいろありますね。東京で同棲していたとか・・・・。知らべてみると、中にたくさん出てきますよ。もちろん、女性の親は全然知りませんよね、そういうことは。学校の成績については、通信簿の内容みたいな詳しいことはアレですけども、学校の方へ直接聞きに行くんですね。上の上とか、上の中とか、そこの学校によっては、もっと詳しくいってくれるところもありますけども。 調査の結果、女のコの場合、いろいろ男関係があるとか、そういうの聞けばやっぱりねぇ・・・・。それと、学生運動やってたとか。学校の先生で組合に入ってるとか。 そんなのは親御さんに嫌がられるわね。また、親がものすごく反対する場合もあるのは、国籍が違う場合とか、これも年配の方に多いようです。

ウチでは結婚のほかに、浮気の素行調査もやってますけど、案外、恋愛結婚した夫婦に浮気が多いんです。それこそ熱烈な恋愛をして、親の反対を押し切って結婚したという人らに、そういう問題が起きやすいんですね。 恋愛中にお互いに燃えあがって、ちょうど最高潮のところで結婚するでしょ。 だから、だんだん下り坂になっていくんじゃないんですか(笑) 結婚して、ホントに1,2年のうちに浮気するケースもたくさんあるわね。 また、調査するだけじゃなくて、何とか浮気相手と手を切らす方法がないか。 そんな相談を受けることも多いんです。でも、それは相手の立場によりけりですね。 相手が水商売の女性の場合は、割と簡単に別れてくれますし、人妻の場合は「これ以上続けると、ご主人に言いつけますよ。」何て言ってみるようアドバイスをしてみたり。でも、未亡人は、なかなかね(笑)。 世間もそういう人の場合をある程度認めてるでしょ、仕方がないって。 こうして何年も"男と女"の問題を見てくると、やっぱり両親が最後まで反対する結婚は、結局、難しいですね。結婚というのは当人同士のものかもしれないけど、なぜ回りが反対するのか、その辺をよく見ないと長続きはしないみたいですね。

※このコラムは当社代表が、20年前に雑誌に寄稿したものを一部修正し再掲したものであり、現在の事情にそぐわない箇所があることをご了承ください。

桂木紀子


お知らせ・コラム
広告・メディア掲載実績